≫小さな旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田波目の夏 “ さるすべり ” 

店の前の 「さるすべり街道」 が 見ごろを迎えました。

当店駐車場から観た景色は、こんな感じです。

photo1.jpg

      道路を渡って、東を向くと

         photo2.jpg

       西を向くと

         photo3.jpg

  田波目の夏 本番です。
スポンサーサイト

金縛り

わたくし 時々 金縛り にあいます。
「金縛り」といっても 身動きがとれないというより
身体を揺さぶられるのでございます。
船の揺れに例えますと、ローリング状態。

私の身体を揺さぶっているヤツに腹が立つので
「誰だっ!」 と叫ぶが声が出ない。
声が出せても 目が明かない。
目が明いても 誰もいない。

ところが最近 「回転バージョン」 が新たに登場しました。
へそを中心に ゆっくりと左回転するのです。
「誰だっ!」 と叫んで目を開いたら・・・
腹の上にぼんやりと白いシルエット。
顔は見えないのですが、幼児のイメージでした。童女・・・かな?
女将にこの話をしたら、
「それはきっと 座敷わらし に違いない。 縁起がいい。」 と喜んでおりました。
しかし、夜中に身体をグルグル回されるこっちの身にもなってほしいものでございます。

骨がカスカスになって、夜中に身体がグルグル回って・・・。
これから私は、一体どこへ飛んでいくのでしょう?

小江戸 川越

今日は店の定休日。
天気も良いので、蔵の街「小江戸 川越」まで出かけました。
何度訪れても風情ある街です。歩道も平らに整備され、だいぶ歩きやすくなりました。
おしゃれな店も増えました。

koedo.jpg  tokinokane.jpg

そんな中、一番街の中ほどにある 「お食事処」 を覗いて、ちょっとびっくりしました。
以前、何度か食事をした店ですが、その時、客席は 「座敷」 でした。
ところが今日見たら、 すべて 「テーブル席」 に変わっていました。

ご年配の方や足の不自由な方には、 「座敷」 より 「テーブル席」 の方が
楽にお休みいただける、との配慮からでしょう。

そういえば、東松山のおそば屋さんも、 「板敷きに座卓」 の客席を
「テーブル席 」に改装しましたっけ。

当店 「百日紅」 は 「座敷」 のみですが、これから少し考えなければならないのかな。

裏庭にて

店の裏にあるカースペースの脇に小さなピンク色の集団をみつけました。紅梅です。

梅

その隣には、クリーム色の行列が・・・。

水仙

どちらも建物の陰で、日の当たる時間が短いのに、健気に花を開きました。
彼ら(彼女たち?)も「百日紅」の仲間。そう考えると、なお一層いとおしくなります。
これから、どうぞよろしく・・・ネ 

初詣

PC310116.jpg

「岩殿観音」

自宅から程近い「岩殿観音」へ初詣に行ってきました。「岩殿観音」は坂東三十三番、
秩父三十四番とセットされる札所の一つ。お参りの人々で賑わってました。
ちなみに、おみくじは “小吉”。

鐘楼

一か月後の「開店」を思い、神妙に鐘をつく(もうじき)店主。

急な階段

この急な階段を昇らないと家に帰れません。階段を昇りきった先に駐車場があります。膝が初笑いしちゃいました
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

二代目「百日紅」

Author:二代目「百日紅」
埼玉県日高市にある石臼碾き手打ちそば屋「百日紅」の二代目店主です。そばの話、趣味の話、小さな旅の話、そしてヒトやモノとの出会い。
日々、感じたことをつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。