≫2015年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母のこと

母が逝った。

心臓に持病があり、腎臓機能も低下していた。
医者から、いつ死んでも不思議ではない状態と言われて何年たっただろう。

和裁の内職で父を支えながら姉と私を育て上げた母。
5年前に父を送った後、デイサービスの行事に参加するのを唯一の楽しみとしていた。

私が体を壊して、サラリーマンをやめて蕎麦屋になると言ったとき、
普段は比較的優しい母が猛反対した。
でもその後一度だけ、はるばる新潟からそばを食べに来てくれた。
満足してくれたのか帰宅後、
「またたべいごれや」(また蕎麦を食べにいこうね)と言ったらしい。

その母が今年の正月明け、倒れた。

2度目に見舞った先週2月17日、
店でそばを打つ私の写真をスマホで見せると、かすかに微笑んで、
「またたべいごれや」

ベッドの両側に付き添う姉と私を見て、
「オレは、幸せらわ...」
そう言ってもらえた私も幸せ。

帰り際には、
「そんげちょこちょここねでもいいてば」(そんなに頻繁に来る必要は無いよ)

それが、母から聞いた最後のことばになってしまった。

ここまで書いて、涙がでてきた。
親父のときは、なんともなかったのに。

享年96歳、大往生と周りはいう。
でも、やはり悲しい。

あるじなき 朝の炬燵に足入れて その冷たさに 母無きを知る




スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

二代目「百日紅」

Author:二代目「百日紅」
埼玉県日高市にある石臼碾き手打ちそば屋「百日紅」の二代目店主です。そばの話、趣味の話、小さな旅の話、そしてヒトやモノとの出会い。
日々、感じたことをつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。