スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のBGM ベートーベン交響曲第9番「合唱」

早いもので平成26年も残すところあと一週間となりました。

年末といえば「第9」が定番ですね。

百日紅のBGMもこれに倣います。


演奏は、昨年までのフルトヴェングラー指揮バイロイト祝祭管弦楽団ではなく、

ワインガルトナー指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のものを使います。

このソースは1936年の録音、もちろんSPレコードです。

全曲の演奏時間が1時間半に及ぶためレコードの枚数が膨大で、8枚16面あります。


指揮者フェリックス・ワインガルトナーは1862年オーストリアに生まれ、

当初は作曲家を目指しましたが、経済的安定を考えて指揮者に転向しました。

ベートーベンの作品に造詣が深く、作曲者が意図した演奏の再現を追求した人でした。

彼が活躍した19世紀末から20世紀前半にかけての時代は、

レコードが誕生し発展し始めた時期でもありました。

録音技術がまだ稚拙であるがゆえに多くの著名な演奏家がレコード録音をためらうなか、

ワインガルトナーはベートーベンの交響曲の録音に挑み、

全9曲の録音を成し遂げた最初の指揮者となったのです。

第9の録音は1926年にも行っていますが、

このときの第4楽章の歌は英語版だったそうです。

残念ながら私はまだ聞いたことがありません。

なお、1937年(昭和13年)には来日して、当時のNHK交響楽団を指揮しています。



今回使うレコードは国内プレスのものです。

30年近く前に池袋の中古レコード店で半ば打ち捨てられた状態にあったのを見つけ、

ただ同然の値段で手に入れました。オリジナルアルバムに収まった8枚のレコードは、

それなりの経年変化はあったものの、磨いてみたら盤面はきれいになりました。



No9.jpg



アルバムを開くと表紙の裏側に書き込みがありました。



昭和十七年九月二日於日本楽器

東京帝大入學記念〇〇〇〇氏ヨリ



昭和十七年九月といえば、太平洋戦争開戦から半年が経過し、

日本軍の勢いに翳りが見え始めた頃です。

この1年後には大学生等の学徒動員が始まり、

多くの学生が学業を離れて戦地に赴きました。

そしてその大半が戦死したことは周知の通りです。

レコードの状態が良かったということは、

所有者がほとんど針を下ろしていなかったということ。

彼がその後どのような運命をたどったのか …。

そう思うと、いたたまれない気持ちになります。



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

Track Back

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

二代目「百日紅」

Author:二代目「百日紅」
埼玉県日高市にある石臼碾き手打ちそば屋「百日紅」の二代目店主です。そばの話、趣味の話、小さな旅の話、そしてヒトやモノとの出会い。
日々、感じたことをつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。