FC2ブログ

≫未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開店三周年

開店して丸3年が経ちました。


ちゃんとやれるだろうかという不安を引きずりつつ、
僕にはこれしかないんだ、という半ば追いつめられた闘志を燃やして、
先代細野さんが築いてきた百日紅を引き継いだのが3年前。
この3年間を一言で表すと、浮かぶ言葉は


「光陰矢の如し」


あっという間でした。
でも、その「光陰」には、多くの思い出がつまっています。
あこがれた蕎麦屋家業は、予見された如く厳しいものでした。
腱鞘炎、肘痛、腰痛に悩まされ、毎朝の睡魔との熾烈なる闘争...


家族の負担も増えました。
妻はパートを辞めて女将家業に専念。
娘は学業の傍らのバイトが増えました。
ばあちゃんは、家族の留守を守る、といえば聞こえはいいが、
昼間はひとりぼっちで過ごす毎日。


加えて特に最近気になるのは、サラリーマン時代の貯金の目減り。
いつの間にかこんなに減ってたんだ!
まず、「裕福だった時」に契約した生命保険を迷わず解約しました。


こうしてみると、安定収入と有給休暇を放棄して得た自由の代償は大きかったな、と
正直思います。


でも、恐らく、今が我慢のしどころ。


何とか食べてるし...
家族みんなが協力し合って、
家族の絆が以前よりはるかに強くなりました。


贔屓にしてくださるお客様もだんだん増えて、
僕らの代になって始めたメニューもよく出るようになりました。
だから店もいい方向に向かってる。
そう確信できます。


さぁーてと、今年は何をやるかな。
とりあえず明日も、美味しい蕎麦を、打つぞ!


明日2月3日、百日紅は開店4年目に入ります。
これからも、百日紅をよろしくお願いします。




石臼碾き手打そば 「 百日紅 」


ご挨拶 開店2周年

百日紅 は私たちが店主・女将となって明日で二代目2周年を迎えます。


この二年間、ただひたすら前のみを見て、走り続けてきました。


走り続けることができたのは、専ら、私たちを支えてくださった


先代店主・女将、先輩の蕎麦屋さん、そしてお客様です。


ただ、ただ、感謝です。


おかげさまで、最近になってようやく、


二代目の独自色をだせるようになってきました。


看板が新しくなり、新たなメニューが加わりました。


そして、明日からまた、気持ちも新たに、三年目をスタートします。


これまで同様、二代目百日紅を、宜しくお願いします。




石臼碾き手打ち蕎麦 「 百日紅 」



台風17号のつめ跡

今回の台風には、まいりました。
「さるすべり」の看板が倒れ、裏庭の東屋のすだれが無残な姿に。
看板の方は、だいぶ根元が弱っているな、とは思っていたのですが....
すごい風が吹いたのですね。
店の惨状も知らず、店主は鳩山の自宅で、高鼾でした。
強風は、小さいころの子守唄、ぐっすり眠れるんです。
kanban.jpg

てなわけで、今日は定休日ですが、「休日出勤」。
倒壊した看板の撤去作業、
ついでに板塀の再塗装もやっちゃった。
充実した定休日でした。


倒壊した看板、いままで本当にご苦労様でした。
いずれは、看板を新しくするつもりです。
店の目印が当分、ひとつなくなりますが、
幟(のぼり)はちゃんと出しますので、
それを目印に、ご来店くださいませ。


Twitter も どうぞ! @sarusuberi510





石臼碾き手打ち蕎麦 「 百日紅 」









3月20日(火) は 営業します

3月20日(火) 春分の日営業 いたします。
21日(水) 22日(木)休業日 とさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

定期検診 異常なし

今日は、約3カ月に1度の 心臓定期検査 の日。


血液検査が診察前にあるので、昼食を取らずに病院へ。
診断結果は良好。状態が良いので薬を1種類減らすとのこと。
確かに、去年の同時期に比べて発作の回数が少ない。


狭心症発作の起きやすい早朝に起きて蕎麦を打ち、
営業で 冷汗 脂汗 をかき、
夕方、片付け、翌日の準備を終えた後、クタクタになって帰宅、


- ♪ It's been a hard day's night ,that was! ♪ -


しかし、ひと風呂浴びた後のキューっと一杯が最高!...
という日常生活が “ 薬 ” になっているのか。


ホッと、した。


しかし、この状態がずっと続く保障はない。
狭心症を持つ人は、心筋梗塞になるリスクが高いとされている。
心筋梗塞は致死率が高い。幸い一命を取り止めても、その後の生活は大きな制約を受ける。
蕎麦屋をやめなければならなくなる。
私はそれが、こわい。


ところが先日、心筋梗塞患者自身の心臓から採取した細胞を取り出して培養し、
再び本人の心臓に戻すことにより心機能の回復に成功したとの報道があった。
これが行われたのは昨年6月で、その後既に数人の患者に同様の治療が行われたという。
治療を行った医師らは記者会見を行い、10年後の保険適用を目指すとした。


朗報だ!これで、安心して蕎麦屋が続けられる!


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

二代目「百日紅」

Author:二代目「百日紅」
埼玉県日高市にある石臼碾き手打ちそば屋「百日紅」の二代目店主です。そばの話、趣味の話、小さな旅の話、そしてヒトやモノとの出会い。
日々、感じたことをつぶやきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。